トライアーチ

ノウハウ

HOME > ノウハウ > WordPressサイトのご依頼がはじめての方へ
wordpress-guide-beginner

WordPressの制作を依頼するにあたり、依頼から納品までの流れや制作費用が気になるもの。

この記事では弊社で実際に行なっている

  • WordPressサイト制作から納品までの作業フロー
  • WordPressサイトの制作費用

について紹介いたします。

WordPressの制作依頼をはじめて行う人が陥りがちな注意点も、合わせて紹介しています。

WordPressサイト制作依頼の受注から納品までの流れ

WordPressサイトの制作を受注してから納品までの流れを、5ステップでご紹介します。

STEP1. 制作するサイトのヒアリング

1番に、完成の見本となるデザインデータを頂き、サイト詳細を確認させていただきます。

  • データ※カンプをいただきデザインを確認
  • サイトの構成や仕様、運用方法を確認

※ カンプとは、広告や印刷といった制作物の見本のことで、「デザインの完成見本図」を意味します。

制作したいサイトの仕様によっては、

  • カスタム投稿
  • カスタムタクソノミー

といった機能を使った、オリジナルの投稿テンプレートページを作成できます。

カスタム投稿について詳しく見る

カスタム投稿は導入が難しい機能ですが、利用することで、

  • オシャレなオリジナルページを簡単に作成できたり
  • 入力する項目が決まっているテンプレートページを作成できたり

といったように、簡単に自社ホームページの更新ができるようになります。

カスタム投稿の導入が困難であれば、ぜひお気軽に弊社までご相談ください。

ご相談はこちら

STEP2. お見積もりと納品スケジュールの確認

次に納品スケジュールを踏まえ、お見積りを算出いたします。

  • スケジュール表を作成
  • お見積り

フェーズごとのスケジュールや、お見積り内容に納得いただき、正式な申し込みと着手金のお支払いをもって制作をスタートいたします。

STEP3. スケジュールに基づいたサイト制作

WordPressサイトの制作を行います。

  • STEP1で確認したカンプを元にコーディング
  • WordPress構築・システム開発・組み込み

STEP2で策定したスケジュールに基づき、制作を進めます。

※ 各フェーズの進捗について、貴社確認も含め途中で整合させていただくことがありますが、ご協力をお願い致します。

STEP4. テストサイトによる公開状態の確認

制作が完了しましたら、ローカル環境で構築したWordPressのテストサイトを公開し、動作確認などを行います。

  • テストサイトの公開状態を確認
  • テキストやアニメーション、画像等に間違いがないか確認

STEP4にて、最終の修正や調整を行います。

STEP5. サイトを本番公開・検収

テストサイトにて最終確認とご入金の確認ができ次第、

  • WordPressサイトを本番環境で公開
  • ログイン情報をお渡し

以上を持って制作フローが完了となります。

基本的にサイト制作の完了連絡から※ 1週間以内を目安に、内容確認を行っていただいております。

修正がある場合は1週間以内にご連絡をお願い致します。

※ 1週間を過ぎてしまうと納品の次のフロー(支払い)へと進みますのでご注意下さい。

ご相談はこちら

弊社制作サイトは納品後・半年保証

弊社にて制作したサイトは、納品日から180日以内に発覚した不具合に対し※保証を行っております。

納品後の検収漏れで「不具合が見つかって、どうしても修正してもらいたい」といった場合でも、しっかりフォローさせていただきます。

※ 一部カスタマイズの場合はその範囲に限ります。

※ WordPressのバージョンアップや新規プラグインのインストール・別制作会社への依頼後など、納品時と異なる状態の場合は適用されません。

サイト制作の費用について

トライアーチのサイト制作費用は、以下のとおりです。

参考価格例
項目 料金
企画設計 コーポレートサイト 80,000円(税別)
ブログ・コラムサイト 40,000円(税別)
進行管理   制作費の10%(税別)

※料金は10ページ以内のWordPressサイトのケースとなります。

上記はごく一部の参考価格例となっています。

  • デザイン制作費用
  • コーディング費用
  • WordPressの組み込み費用
  • ドメイン取得費用

といった費用詳細は以下ページをご参照ください。

制作費用の詳細はこちら

WordPressサイトを依頼するときの注意点

多くのWebサイトでCMSのプラットホームとして利用されているWordPressは、信頼性・安心性からか「WordPressを使うと自社Webサイトを自由に更新できるだろう」と考えてしまいがちです。

実はWordPressサイトの制作・構築方法には多くの手法があります。

プラグインの機能追加による拡張性、プログラミング初心者の技術レベルをカバーする汎用性から、同じ要件のWebサイトであっても仕様・更新方法が異なります。

これまで一度もWordPressサイトをご依頼したことがない場合、業者から仕様を提示されたとしてもそれが自社が望んでいる要件を満たすのかの判断がつかないことも。

業者任せで進めた結果…

WordPressサイトの納品後、いざWebサイトを更新しようと思ったときに

  • 使い方がよくわからない
  • 更新したいところが編集できない
  • 更新にはHTMLの専門知識が必要だった

など、ご依頼前には想定できなかったトラブルにも繋がります。

弊社では企画設計と意思疎通を念入りに行います

トラブル回避のため、WordPressサイト制作前には、Webサイト管理者様・更新担当者様のPCスキルであったり、どこをどう更新したいのかをはじめにヒアリングすることはとても重要です。

トライアーチでは、WordPressサイトの企画設計・意思疎通には充分な時間をかけさせていただいております。

先にWebサイトのデザインを見たいというご要望をいただくことも多いですが、画像のサイズ・文字数が変わる部分はWebデザイン上も考慮すべき部分であり、見た目・使い勝手ともにより良いWordPressサイトを納品させていただくためにお付き合いいただければ幸いです。

ご相談はこちら

WordPressサイト制作・構築はトライアーチ。静的HTMLをWordPress化は格安料金39,800円!初回限定総額10%OFFキャンペーン実施中!制作会社様向けサービスあり。保守・管理・更新代行も承ります。

ページトップへ