トライアーチ

ノウハウ

HOME > ノウハウ > Web担当者必見!カスタム投稿の意味や設定方法を詳しく解説
wordpress-guide-post-type

WordPressでは「カスタム投稿」といった、通常の投稿・固定ページと異なる、オリジナルの投稿ページを作成する機能があります。

カスタム投稿機能を利用することで、

  • FAQページを作りたい
  • 施工実績ページを作りたい
  • 新着一覧ページを出したい

といった、企業様だけのオリジナルなカスタムページを投稿・運用することができるようになります。

カスタム投稿実装のご相談はこちら

カスタム投稿とは?投稿や固定ページとの違い

冒頭で述べましたがカスタム投稿とは、通常の投稿や固定ページとは違う、全くオリジナルの投稿ページを作成できる機能のことです。

通常の投稿や固定ページとの機能の違いは、以下のとおりです。

項目 投稿ページ 固定ページ カスタム投稿
特徴 コラムや商品ページなどのコンテンツ向き 1ページで完結するコンテンツ向き 特集ページやお知らせ、実績など企業様のオリジナルコンテンツ向き
可能
  • カテゴリ・タグ設定
  • 投稿・カテゴリ・タグで一覧表示
  • 固定ページ同士で親子関係に
  • デザインテンプレートを固定ページごとに作成可
  • カテゴリ・タグ設定
  • カテゴリ・タグでの一覧表示
  • カスタム投稿同士で親子関係に
  • カスタム投稿のテンプレート作成
不可
  • ページ別でデザインテンプレートの選択
  • ページ同士の親子関係
  • カテゴリー・タグ・日付での一覧表示
投稿・固定ページでできることは全て可能。

続いて、カスタム投稿の導入方法について紹介します。

カスタム投稿の導入方法

カスタム投稿の導入方法は、主に以下の2つの方法があります。

  1. function.phpに直接記述して作成する
  2. プラグインでカスタム投稿機能を追加する

1. カスタム投稿をfuntcion.phpで追加する

function.phpでカスタム投稿を追加する場合、以下のソースコードをfunction.phpにコピペして実装します。

以下では、例として”news”というカスタム投稿タイプを登録するコードとなっています。

function codex_custom_init() {
    $args = array(
      'public' => true,
      'label'  => 'news'
    );
    register_post_type( 'news', $args );
}
add_action( 'init', 'codex_custom_init' );

注意点として、「function.php」はWordPressの基幹を担っているファイルであることです。

function.phpファイルの影響は、WordPress全体に影響を及ぼします。

そのため、設定を誤るとWebサイトの表示が真っ白になってしまうことに。

また、function.phpを更新した直後は動作していたとしても、WordPressのバージョンアップがあったときに、うまく動作しなくなってしまうことも考えられます。

以上のように、function.phpはデリケートなファイルですので、

  • 編集の際は必ずバックアップしておくこと
  • またはWordPressの制作専門会社へ依頼して編集してもらう

といったことをオススメします。

ご相談はこちら

2. カスタム投稿をプラグインで追加する

プラグインでカスタム投稿を追加するには「Custom Post Type UI」といったプラグインを利用します。

Custom Post Type UI

基本的に「Custom Post Type UI」をWordPressにインストールして、

  1. 投稿タイプのスラッグやラベルを設定
  2. 一覧ページ表示か否かを設定
  3. カスタム投稿タイプのテンプレートを作成
  4. 一覧ページを作成
  5. タクソノミーを追加
  6. タクソノミーのテンプレートを作成

といった手順で、カスタム投稿を追加することが可能です。

「Custom Post Type UI」を導入するだけでカスタム投稿が追加できるので、function.phpを編集するよりも手軽に設定ができます。

しかし、

  1. カスタム投稿タイプのテンプレートを作成する
  2. タクソノミーのテンプレートを作成する

といった場合、基本的に以下のようなWordPressのテンプレート階層を理解しておく必要があります。

wp-template-hierarchy

また、テンプレート階層を理解していても、どのphpファイルがどのような仕事をしているのか、合わせて理解しておかなければなりません。

FTPサーバーを利用してファイル編集も行うことがあり、きちんとサーバーやファイルの仕組みを理解していないと、プラグインでもカスタム投稿の導入は難しいと言えます。

>カスタム投稿の導入を相談してみる

カスタム投稿を使うメリットとデメリット

カスタム投稿を利用するメリットとデメリットについて、まとめてみました。

メリット1. オリジナルの投稿ページを作成できる

カスタム投稿を使うメリットとしては、やはりオリジナルの投稿ページが作成できること。

たとえば

  • 普段利用している投稿と特色を分けたページを作りたい
  • 固定ページの様式で一覧表示させたい

といったような、要望を叶えることができます。

メリット2. 投稿や固定ページのメリット両方を活かせる

またWordPressの

  • 通常投稿ページ
  • 固定ページ

それぞれでしか使えない機能が※両方ともカスタム投稿では使えることも、メリットの1つです。

※ タグやカテゴリー設定などは、カスタムタクソノミーを設定する必要があります。

デメリット. 自分で導入するまでのハードルが高い

WordPressを利用した、自社だけのオリジナルページを制作したい!といった時に、自社だけのテンプレートを作成することができるカスタム投稿タイプ。

先にカスタム投稿タイプの導入方法について、

  1. function.phpに直接記述して作成する
  2. プラグインでカスタム投稿機能を追加する

といった方法を紹介しましたが、WordPressの階層やfunction.phpについて理解がないと導入は困難です。

Web担当者が会社のオリジナルページを作成するときは、サイトが真っ白になってしまったり、表示がおかしくなってしまわないように、最新の注意を払って行わなければなりません。

まとめ

この記事では、カスタム投稿タイプの意味や設定方法について紹介しました。

  • 投稿や固定ページ両方のメリットが活かせる
  • カスタム投稿はfunction.phpかプラグインで作成できる

カスタム投稿タイプをWordPressで作成するときに、この記事が参考になれば嬉しいです。

ただし!

Web担当者個人でカスタム投稿を行うときは、会社のサイトが表示されなくなってしまう前に、WordPress制作の詳しい企業へ一度、相談しておくことをオススメします。

ご相談はこちら

WordPressサイト制作・構築はトライアーチ。静的HTMLをWordPress化は格安料金39,800円!初回限定総額10%OFFキャンペーン実施中!制作会社様向けサービスあり。保守・管理・更新代行も承ります。

ページトップへ