トライアーチ

ノウハウ

HOME > ノウハウ > WordPressのユーザー権限を個別に設定する方法
wordpress-guide-user-authority

WordPressでは、同時に複数人で編集を行うことが可能です。

しかし、全ての編集担当者が等しい編集権限を持っているのは、WordPressのエラーが増える要因につながるため、好ましくありません。

そこで、WordPressにログインする担当者に対し、個別の編集権限を設定する方法を紹介します。

※ トライアーチではWordPress制作に関するご質問を承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちら

WordPressのユーザー権限の種類

WordPressでは、以下のようなユーザー権限をログインする担当者別に設定することが可能です。

  1. 管理者
  2. 編集者
  3. 投稿者
  4. 寄稿者
  5. 購読者

各ユーザーに割り当てられる権限は、以下のとおりです。

WordPressの権限内訳 管理者
権限
編集者
権限
投稿者
権限
寄稿者
権限
購読者
権限
テーマ新規追加・変更
プラグイン新規追加・変更
ユーザーの新規追加・権限変更
phpファイルの編集管理
コメントの承認管理
カテゴリーの追加・削除
既存記事の編集管理
固定ページの編集管理
メディアライブラリの編集管理
新規記事の投稿管理
新規記事の作成・編集管理
閲覧

以上のとおり、割り当てられる編集権限で、編集できることはかなり変わってきます。

各ユーザー権限で可能な操作

各ユーザー権限で割り当てられた際に、編集操作が可能な内容を以下にまとめました。

権限が管理者の場合

WordPress管理者権限

管理者は、WordPressの全ての操作が可能です。

たとえば

  • WordPressテーマを変更できる
  • プラグインを導入したり削除できる
  • 編集担当ユーザーを追加・削除できる
  • すべての投稿を削除できる
  • データの削除もできる

といった編集を行うことができます。

また管理者は、サイトのナビゲーションを伴う、「グローバルメニュー」の設置も行うことが可能です。

※ グローバルメニューの作成方法については以下記事が詳しいです。

WordPressのグローバルメニューを設定する方法

このように、サイト運営に関わるクリティカルな編集ができる権限を持つため、管理者権限を付与する担当者については、慎重に選定する必要があります。

権限が編集者の場合

WordPress編集者権限

WordPressのユーザー権限が「編集者」の場合は、

  • 新規記事の作成・投稿・編集
  • メディアライブラリの管理
  • コメントの承認
  • カテゴリーの追加・削除
  • 投稿・固定ページの編集

以上のように投稿に関する編集は、問題なくすべて行えます。

しかし「管理者」権限で行えていた、

  • WordPressテーマの変更
  • プラグインの追加
  • 編集担当ユーザーを追加

といった編集はできません。

「ライター記事投稿の管理を行う」といった、ディレクション担当者に与える権限として活用できます。

ただし、固定ページも編集することができるため、「問い合わせフォーム」といったコンバージョン要素の高いページを編集者が扱う際は留意しておく必要があります。

※ 問い合わせフォームの作成方法は以下記事が詳しいです。

WordPressの問い合わせフォームを作成する方法

権限が投稿者の場合

WordPress投稿者権限

WordPressのユーザー権限が「投稿者」の場合は、

  • 新規記事の作成・投稿・編集
  • メディアライブラリの管理

といったことが行えます。

しかし、

  • コメントの承認
  • カテゴリーの追加・削除
  • 既存記事や固定ページの編集

といったことは行なえません。

ある程度信頼を寄せる外部ライターへ「新規記事の執筆から公開までを依頼する」ときに付与する設定権限と言えます。

※ 投稿や固定ページの違いについては以下記事が詳しいです。

WordPress投稿と固定ページの違いとは

権限が寄稿者の場合

WordPress寄稿者権限

WordPressのユーザー権限が「寄稿者」の場合は、

  • 新規記事の作成・編集
  • 閲覧

といったことが行なえます。

しかし、

  • 新規画像の追加(メディアライブラリの管理)
  • 新規記事の投稿

といったことはできません。

テストライティングとして、「記事作成しから寄稿までを依頼する」ときなどに利用する設定権限と言えます。

権限が購読者の場合

WordPress購読者権限

WordPressのユーザー権限が「購読者」の場合は、

  • 投稿の閲覧のみ

以上の操作のみが行なえます。

WordPress内での他操作は全て行うことはできないため、あまり利用する用途はありません。

「購読者限定で記事を公開する」といった、限定的な読者がいる場合に利用する設定と言えます。

WordPressでユーザー権限を個別に設定する手順

WordPressでユーザー権限を個別に設定する手順は、以下のとおりです。

  1. 編集担当のメールアドレスを取得・設定
  2. WordPressログインユーザーの新規追加を行う
  3. ユーザー権限を個別に設定する

手順ごとに解説します。

1. 編集担当のメールアドレスを取得・設定

初めにWordPress編集担当となるユーザーの、メールアドレスを取得しておきます。

WordPressに「管理者権限」でログインして、「ユーザー」から「新規追加」を選択。

ユーザーから新規追加の画像

ユーザーの画面に遷移するので「新規追加」をクリック。

ユーザー画面で新規追加をクリック

「新規ユーザーを追加」画面に遷移します。

新規ユーザーを追加の画面

2. ログインユーザーの新規追加を行う

「新規ユーザーを追加」の画面に遷移したら、WordPressにログインする新規ユーザーを追加します。

設定する項目の内訳は、以下のとおりです。

  • ユーザー名(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • サイト
  • ユーザーに通知を送信
  • 権限グループ

ユーザー名とメールアドレス以外は、任意入力で大丈夫です。

ログインユーザーの登録内容

それぞれ入力が完了したら、「新規ユーザーを追加」をクリックします。

※ 権限グループの設定は後から変更が可能です。

ユーザ画面に遷移すると、新規登録したユーザーが追加されているのが確認できました。

新規追加されたユーザー画面

3. ユーザー権限を個別に設定する

ユーザー権限を個別に設定するには、ユーザー管理画面から行います。

「ユーザー」から「ユーザー一覧」をクリック。

ユーザーからユーザー一覧を選択

ユーザー画面から、権限を変更したいユーザーにチェック。(購読者から投稿者へ権限変更を行います)

権限変更するユーザーにチェック

権限グループを変更…のプルダウンから、変更したい権限を選択して「変更」をクリック。

権限グループを変更のプルダウンを選択

選択した担当ユーザーの権限が、「投稿者」に変更されました。

ユーザー権限が変更された画像

以上の手順で、すぐに編集担当を新規追加して、ユーザー権限を付与・設定することが可能です。

まとめ

WordPressの編集を行う担当者全てに管理者権限を付与してしまうと、何かの間違いで

  • 寄稿したコンテンツが削除されてしまったり
  • 編集したphpファイルが上書きされてしまったり

といった、致命的なエラーの要因が増えることにつながります。

予期せぬエラーを防止するためにも、WordPressの権限設定を適切に行いましょう。

しかし、それでも「WordPressでエラー画面が出て元に戻せなくなってしまった…」ということもありますよね。

そんなときは、トライアーチでもご相談を承っています。

簡単な編集を行うだけで、すぐに復旧できることも多くあります。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちら

WordPressサイト制作・構築はトライアーチ。静的HTMLをWordPress化は格安料金39,800円!初回限定総額10%OFFキャンペーン実施中!制作会社様向けサービスあり。保守・管理・更新代行も承ります。

ページトップへ