トライアーチ

ノウハウ

HOME > ノウハウ > WordPressでフロントページを作成する方法
wordpress-guide-front-page

WordPressでは固定ページを使って、オリジナルなフロントページを作ることができます。

フロントページとは、WordPressの公開ページで表示されるフロントページのことを指します。

WordPressのフロントページは固定ページで作成する

WordPressのデフォルトの設定では、フロントページは最新の投稿一覧が表示されます。

しかし、固定ページを利用することで、任意のコンテンツを表示することが可能です。

投稿と固定ページの違いについては、以下記事が詳しいです。
WordPress投稿と固定ページの違い

固定ページをフロントページに設定する手順

固定ページをフロントページに設定する手順を記します。

手順1. 固定ページを新規作成する

WordPressにログインして、ダッシュボードの「固定ページ」から「新規追加」をクリックします。

固定ページを新規追加する

新規固定ページを追加という画面が表示されます。

新規固定ページを追加の画像

タイトルには「フロントページ」、投稿内容は一旦「テスト」と入力して「公開」をクリックします。

固定ページを公開する画像

ただし、以上の設定では作成した固定ページ(フロントページ)は、まだサイトの表には出てきていません。

手順2. 固定ページをフロントページに設定する

次に、作成したフロントページをサイトに表示させます。

WordPressのダッシュボードの「設定」から「表示設定」をクリックします。

設定から表示設定を選択する画像

表示設定の画面に遷移します。

表示設定の画像

「ホームページの表示」箇所で「固定ページ」を選択し、

固定ページを選択

ホームページ箇所でプルダウンから、「フロントページ」(手順1で作成した固定ページ)を選択します。

フロントページを選択

画面下の「検索エンジンでの表示」箇所にチェック(ここの操作は任意で大丈夫です)を入れて、「変更を保存」をクリックして設定を保存します。

検索エンジンでの表示にチェックして保存する

フロントページに表示したいコンテンツの設定手順

最後に表示したい内容を編集します。

固定ページをフロントページに設定したら、以下3つの要素は必ず設置を行います。

  • グローバルメニュー(グローバルナビ)の設定
  • アクセスの多いカテゴリかコンテンツ
  • 新規記事の表示

グローバルメニューを設置する

グローバルは、サイト全体のナビゲーションをしてくれる要素です。

サイトでヘッダーメニューが表示された画像

フロントページにグローバルメニューを設定しないと、サイトを訪れてくれた読者が、目的のコンテンツにスムーズにたどり着けなくなってしまいます。

またコンテンツがないサイトと判断され、離脱率も上がってしまうため必ず設置した方が良い要素です。

なお、グローバルメニューの作成方法については、以下記事が詳しいです。

WordPressのグローバルメニューを設定する方法

アクセス数の多いコンテンツを設置する

アクセス数が多いコンテンツを設置することで、読者がサイトの趣向性を理解しやすくなります。

また、人気が高いコンテンツがどんな記事なのか、興味をもって読んでくれやすいため、フロントページで必ず設置しておきたい要素です。

新規記事の表示

フロントページなので、新しい記事を必ず表示させます。

サイトが更新されていることが、読者に認識してもらえるからです。

更新頻度が高いサイトは、再訪問してくれる読者が増えるため、新規記事も必ずフロントページに表示させる設定を行なっておきます。

WordPressでフロントページを設定する手順 まとめ

WordPressでフロントページを設定するには、固定ページを使って設定します。

  1. 固定ページを新規作成する
  2. 固定ページをフロントページに設定する
  3. フロントページに表示する内容を設定する

思っているよりも簡単に設定できるのではないでしょうか。

もしコーポレートサイトや、企業オリジナルのフロントページを制作したいときは、トライアーチまでお気軽にお問い合わせください。

ご相談はこちら

WordPressサイト制作・構築はトライアーチ。静的HTMLをWordPress化は格安料金39,800円!初回限定総額10%OFFキャンペーン実施中!制作会社様向けサービスあり。保守・管理・更新代行も承ります。

ページトップへ