トライアーチ

ノウハウ

HOME > ノウハウ > WordPress投稿と固定ページの違い・使い分け方を詳しく解説
wordpress-guide-post-page

WordPressではコンテンツを作成する際に、

  • 投稿
  • 固定ページ

といった、2種類のページ作成方法が標準で用意されています。

しかし使い分けを間違えると、読者がコンテンツを見つけづらくなってしまい、SEOでも良い結果が生まれません。

そこでWordPressの投稿と固定ページの違いや、具体的な使い分けの方法について詳しく触れていきます。

WordPress投稿と固定ページの違い一覧

WordPressで扱う投稿と固定ページには、以下のような違いがあります。

項目 投稿 固定ページ
特徴 ブログやコラム記事の作成に向いている 1ページで完結する会社情報ページの作成に向いている
できる
  • 投稿、カテゴリ、タグなど一覧表示できる。
  • カテゴリーによるグルーピング。
  • タグによる記事の関連付け。
  • 時系列で並べることが可能。
  • 固定ページで親子関係にできる。
  • トップページに割当できる。
  • デザインテンプレートをページごとに作成できる。
できない
  • デザインテンプレートをページごとに選択できない。
  • 投稿では親子関係が作れない。(カテゴリーの中で作成は可)
  • タグやカテゴリーの分類はできない。
  • カテゴリーやタグ分類ができないため、各ページの一覧表示が不可。

簡単にまとめると、

  • 投稿はブログ記事の作成を行う機能
  • 固定ページは単体で完結するページ作成を行う機能

といったイメージを持つと良いです。

※ WordPressには、投稿と固定ページ2つの機能を使うことができる「カスタム投稿タイプ」といった機能もあります。

カスタム投稿タイプの詳細はこちら

次に投稿と固定ページの機能について詳しくまとめてみました。

WordPressの投稿は記事作成ページのこと

WordPressの投稿とは、記事を作成するページのことを指します。

主にブログやお知らせなど、

  • 随時更新されるコンテンツを
  • 管理・更新する

といった場合は、投稿ページを利用してコンテンツを作成します。

投稿は「カテゴリー」の中に作成され、記事作成のたびにカテゴリーの内容が増えていく仕組みです。

投稿によりコンテンツが増えたカテゴリーは、カテゴリーの名前そのもので上位表示されます。

また投稿ではカテゴリーと同時に、「タグ」についても任意で設定することが可能です。

投稿は時系列で並び替えも可能

2019年7月の記事といった時系列で、情報をまとめて表示することができるのも、投稿機能の特徴です。

固定ページとは単体で完結するページのこと

WordPressの固定ページは、記事単体で完結するページを作成するときに利用します。

たとえば、

  • 会社情報
  • お問い合わせ
  • 本社地図

といったように、企業サイトの窓口となるページは固定ページで作成します。

また、ブログなどのサイトでもオリジナルのトップページを作るときは、固定ページで作ることもできます。

しかし、固定ページではカテゴリー・タグを設定することができないため、関連コンテンツを一覧で表示することはできません。

※ カスタム投稿であれば、カスタムタクソノミーを利用して、固定ページのような投稿をカテゴリーで分類することが可能です。

カテゴリーとタグの使い方

ここでは、カテゴリー・タグの使い方について説明します。

カテゴリー・タグは固定ページでは利用できない機能です。

そのため、投稿との関係をメインに使い方を解説していきます。

投稿とカテゴリーの関係

投稿するコンテンツが複数ジャンルに分かれるときは、カテゴリーを新規追加してグルーピングすることができます。

例えば

  • 50記事は料理の記事
  • 20記事は子育ての記事

といったように記事がたくさん増えてきたときに、

  • 料理のレシピ
  • つらい子育て

以上のようなカテゴリーを作成することで、各記事を分類することができます。

カテゴリーでは親子関係が作れる

カテゴリーによって分類した記事は、分類ごとに一覧で見ることができるようになるため、視認性があがります。

そのため、読者も目的のコンテンツにたどり着きやすくなります。

また、会社案内ページ(親)の中に、アクセス・スタッフ紹介などのページ(子)を載せたいときにも、カテゴリーを利用します。

投稿とタグの関係

「タグ」とは、カテゴリーよりも細かく情報を分類したいときに使う機能のこと。

コンテンツの重要なキーワードなどを、投稿に紐づけておくことができます。

イメージとしては、SNSの#(ハッシュ)タグに近い機能であり、いろいろなジャンルを扱うWebサイトにて、多く活用されています。

たとえば探している情報を、そのサイトの中でもっと見たいときに、「タグ」を選択することでサイトの中の関連コンテンツを一覧表示できます。

投稿・固定ページで使えるアイキャッチ画像機能

ブログ・お知らせ一覧ページで、それぞれに1点代表画像を載せたいときに使う機能です。

基本的に、固定ページではあまり利用することはありません。

しかし、お知らせしたいページ内容によっては設定した方が良いケースもあるため、状況に応じて使い分ける機能と言えます。

まとめ 投稿と固定ページを使い分けて使いやすいサイトへ

投稿と固定ページを使い分けることで、

  • 読者にとって使いやすく
  • 回遊しやすい

Webサイトが作成できます。

投稿・固定ページのどちらか一方でしか使えない機能もあるため、用途によって使い分けることが大切です。

しかし、カスタム投稿やカスタムタクソノミーを利用することで、どちらの機能も利用したオリジナルコンテンツを作成することもできます。

ただしカスタム投稿などはfunction.phpを利用します。

設定が困難であれば、Web制作企業に相談してみることをオススメします。

ご相談はこちら

WordPressサイト制作・構築はトライアーチ。静的HTMLをWordPress化は格安料金39,800円!初回限定総額10%OFFキャンペーン実施中!制作会社様向けサービスあり。保守・管理・更新代行も承ります。

ページトップへ